2歳になる頃にはひらがなが読めるようになった姫のこと、9歳の息子のこと、七田、モンテッソーリ、手作り教材、幼児英語、ドッツ、フラッシュカードのこと、お出かけした事、簡単お菓子作りなど日々の出来事を書いていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、姫は2歳4ヶ月。赤ちゃんの頃から、たくさん話しかけました。

例えば、お庭にでたら「やさしい風が気持ちいいね~」とか

「ほら、ピンク色のお花がきれいね~」と言って花びらや葉っぱにふれさせ

「やわらかいね」って言ったりとにかく出来るだけおおげさにたくさんの言葉で

ひとつのもの表現しました。

普段も赤ちゃんとしてではなく、パパやお兄ちゃんに話すのと同じように

話しかけました。

絵本もたくさん読んであげました。

ひらがなカードも6ヶ月のころからフラッシュしてみせました。

そのおかげか1歳になる頃には言葉もたくさんでてきました。

2語文も1歳0ヶ月には話してましたよ。

もちろん私の言うことは理解しているようで、だだをこねることもとても

少なく自分の気持ちもある程度は表現できていたので、

とても穏やかな子に育ちましたよ。

子供を「バカね。」とか「本当にもうダメな子ね」と言って育てると

本当にそのように育ってしまうと聞きました。

だから私は「かわいいね。かしこいね」と言って育てようと心がけています。

スポンサーサイト

【2008/02/22 09:00】 | 姫の取り組み
トラックバック(0) |


キョリコ
こんばんわ
そうそう、親の子供への語りかけって重要なんですよね。
そして、いいところ見つけてほめること。
私も心がけてます♪

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。