2歳になる頃にはひらがなが読めるようになった姫のこと、9歳の息子のこと、七田、モンテッソーリ、手作り教材、幼児英語、ドッツ、フラッシュカードのこと、お出かけした事、簡単お菓子作りなど日々の出来事を書いていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お兄ちゃんは今小3です。

1年生の時からO君、A君、N君から いやなことをいわれたりされてきました。

学校から帰ると「今日、O君(同じクラス)からまたいやなことを言われた。」

とか「学校の帰り、A君、N君、O君からひどい事を言われた。」とか

「今日3人がいたから、道を変えて帰ってきたよ。」などよく言っていました。

A君は、幼稚園、2年生と同じクラス。N君は同じクラスになった事はありません。

O君は1年、3年と同じクラス。そしてこの3人とお兄ちゃんは同じ子供会なのです。


先日球技大会の練習にボール拾いの当番で私が行きました。(いつもはパパがいきます。)

その時に転がってきたボールをとってあげようとするお兄ちゃんにO君が

「ボールに触るな。きたない。ボールが腐る。」と言っているのを聞きました。

後でお兄ちゃんに聞くと、「いつものこと。」と言っていました。


最近O君の嫌がらせや からないなどひどくなってきたためかお兄ちゃんが

時々、「学校行きたくないな。」とか「学校変わりたい。」など言う事がありました。

私も、O君の言っていた事など自分の耳で聞いたのもあって先生に電話しました。

そして昨日、先生と話をする事になりました。

電話で話した時、担任の先生の態度がひどかったので

急きょ、ICレコーダーを買って録音する事にしました。

学校に行くと担任の先生と教頭先生が待っておられました。

部屋に入り、教頭先生、担任の先生、お兄ちゃんと私の4人で話をしました。

(姫も同席)教頭先生がいらっしゃるせいか担任の先生の様子は

攻撃的ではなく、とても事務的に感じました。

マニュアルにそってなのか?お兄ちゃんにいろいろ質問してきました。

お兄ちゃんはかなり緊張しつつも答えていましたが、最後には

涙を流しながら答えていました。

話し合い?は質問に答えるだけで後はO君達の話を聞いて見ましょう。

と言われただけでした。

そして今日、先生からお兄ちゃんに話があったらしいのですが、

「何故いじわるをするのか聞いたら、1年生の球技大会の練習の時に

お兄ちゃんとN君がボールの取り合いで喧嘩になり、その時N君の味方をすると

決めたから。と言ってたよ。」それだけ・・・???

O君とA君とN君は家がとても近く、小さい頃から毎日のように遊んでいる仲間。

クラスが違ってもいつも一緒に帰る仲間なんです。

だからA君もO君もN君の味方。敵のお兄ちゃんをいじめる事にしていまだに

それを続けているとの事。えっ、それだけの事で今まであれだけいやなこと

してきたの?子供会も3年生はお兄ちゃんと3人ともう一人いるだけ。

結局、球技大会以外はいじめられるからと何にも参加しなくなったお兄ちゃん。

仲間はずれにされ、からかわれ さんざんいやな思いをして

今回の球技大会が終わったら子供会を辞めることにしました。

そこまで考えていたのに理由はそんなこと?

そんなことしたら相手が傷つく事、考えられなかったのか不思議だ。

道徳などの時間に勉強したはずなのに何の役にもたっていない。

3年生になって、よりひどくなってきているなんて信じられない。

本人達はおもしろおかしく、楽しいのかも。

本当に許せない。

幸い、お兄ちゃんはクラスでも仲の良いお友達はたくさんいるので

ひどく落ち込んだりとかはないようです。

「O君たちがいなかったら、学校はすごく楽しいよ。」と言っています。

今回先生が入った事でこのいじめは無くなってくれればいいのだけれど。

そして、O君たちとも仲良くなれたらと思っています。



 ブログランキングに参加中です。
 とても励みになります。
 ポチッと応援お願いします。
      
にほ<br />んブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




スポンサーサイト

【2008/07/08 23:23】 | 小3のお兄ちゃん
トラックバック(0) |


さくこのパパ
いじめ、いやがらせの問題は難しいですね。。。
親としてどうしたら正解なのか、いろんなお話を聞いてもわからないです。

子供のいじめいやがらせ、幼いうちはその原因って、大人が聞くとくだらないことが多い・・・ でも子供にとっては大問題。
だからこそ、親・先生・こども達が一緒になって解決できるような取り組みが欲しいなと思いますね。

私のこども達はまだそういった場面に出くわしてませんが、そういった場面に出会ったときどうすればいいのかわかりません。
出来ることなら、いじめる側にもいじめられる側にもいて欲しくない・・・

普段、相手の気持ちを考えて行動・発言するように教育してるつもりですが・・・ なかなか難しいですね。。。


ここ
わたしもお兄ちゃんくらいの頃いじめられてました。
引っ込みじあんだったのでそれが余計相手にとってはいじめたくなる対象だったのかもしれないけど、、

小さい頃って相手がどう思うかなんていちいち考えてないのが怖いところ。。。

お兄ちゃんこれから乗り越えっていってほしいですね☆


みもざ
さくこのパパさんへ

いじめ・・・いやですね。いじめる側でなくて本当によかったと思います。でも、あんなわけわからない理由で我が子がいじめられるなんて思ってもみませんでした。
たまたまお兄ちゃんは、そんなことにはめげない強い子だったのでよかったのですが気の弱い子だったら登校拒否になっていたかも。

我が家も人にされていやなことは絶対に他の人にはしてはいけない。
自分がされてうれしい事は他の人にもしてあげるよういつも言っています。
いつも相手の立場に立って物事を考えるように、目先の利益にとらわれないように、耳にたこが出来るくらい言ってきました。
そのせいか、やられても仕返しをしようと考えないお兄ちゃん。そういうことされている人を見かけたら助けに行くそうです。
それを聞いたときにちょっとうれしかった親バカな私です。
いつも、お兄ちゃんの味方だということをしっかり伝えています。



みもざ
ここさんへ

私も中学生の時他県から引っ越してきた時に、言葉が違うと男の子達にいじめられた事があります。
昨日まで普通に話していた言葉が笑われ、納得いきませんでした。
いじめられた方は心の傷になっていつまでも残っています。
いじめなんて、無くなってしまえばいいのに。

お兄ちゃん、多分大丈夫だと思います。いじめるのは3人だけ。
休み時間など遊ぶ友達は7~8人いるようです。

今回、いじめられた事によって、人の痛みがわかる子になれたと思います。
心の傷を持っている分、人に優しく出来ると私は思っています。
辛い思いをしたけど、いい勉強になったと、前向きに考えていきたいです。


コメントを閉じる▲
幼稚園においてあった教具の1部を紹介します。

  モンテッソーリ2

これは×が付いているところにシールを貼るお仕事です。

  モンテッソーリ3

これは中のとうもろこしをうつすお仕事です。

他の子がやっていたのを見たのですが、こぼさずにうつす事は難しいようです。

  モンテッソーリ1

これは折り紙を半分に折って型をあて線を書きます。

半分に折ったまま、はさみで線の上を切ります。

広げた見本が黄色の形です。

これは、鉛筆で型をなぞる。線の上をはさみで切る。

という作業があります。

はさみがある程度上手に使えないと出来ないお仕事です。


今回紹介したお仕事はまだ、姫もやった事のないお仕事なので

詳しい説明が出来ません。スイマセン



 ブログランキングに参加中です。
 とても励みになります。
 ポチッと応援お願いします。
      
にほ<br />んブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





【2008/07/08 20:53】 | モンテッソーリ
トラックバック(0) |


まなりん
こんにちは
2つめのコーンをうつすというのは、初めてしりました
豆よりむずかしいのでしょうか?
他のものも、夏休みにいろいろ試してみたいです♪


みもざ
まなりんさんへ

コメントありがとうございます。
コーンをうつす・・・ですが、姫もやった事がないので何とも言えませんe-330
ごめんなさい。

家で出来るものは少しずつ取り入れたいですね。
参考になればうれしいです。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。