2歳になる頃にはひらがなが読めるようになった姫のこと、9歳の息子のこと、七田、モンテッソーリ、手作り教材、幼児英語、ドッツ、フラッシュカードのこと、お出かけした事、簡単お菓子作りなど日々の出来事を書いていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンテッソーリの幼稚園で一緒にいたAちゃんが、

お花を生けるお仕事をしていました。

  6.jpg

用意してあるのは、

  14.jpg

ピッチャー、じょうご、ピッチャーの口からした垂れる水を拭くスポンジなど。

  5.jpg

花瓶、飾る時に花瓶の下に敷くコースター。

  4.jpg

そして、お花。


ガラスのピッチャーに水を入れてきます。

  2.jpg

ピッチャーに青いラインが書いてあります。

水をこのラインまで入れてきます。

そして、花瓶の口にじょうごを入れ、ピッチャーから水を入れます。

ピッチャーの口に水が垂れるので、スポンジで水を拭き取ります。

そして、お花を生けます。

最後に、コースターを敷きお花を飾るというお仕事です。



このピッチャーを使って、水を移すという作業は手首を上手に

使わなくてはできません。

その練習として、以前紹介した

  7-15-10.jpg

これは、中に乾燥したとうもろこしが入っています。

利き手は、結構上手に移すことができますが

反対の手が特に難しいそうです。

これができるようになると中の物を小さくしていき、最後に

水を移す作業になるのだそうです。


移すお仕事をする時に、まず利き手だけをやらせるようにして

できるようになったら、反対側の手もやってみると良いようです。

今回幼稚園でおやつの時に自分で入れた、

紙パックのオレンジジュース。慣れてくると、手で持った時の重さで

入れる位置などが考えられるようになってくるそうです。

こぼれないように、コップをテーブルの端側に持ってきて

ジュースの位置をテーブルより下にもってきて入れるなど

自分で工夫ができるようになってくるようです。

  7.jpg

ここの幼稚園の年長さんは、紙パックの牛乳を

いっぱい入っている状態でも上手にコップに入れることが

できるそうです。


家で、このお仕事に取り組む時には

あくまでも、こぼれる事を前提とし、バスタオルを用意するとか

トレイの中でやらすとかそれなりに準備してからやらせると

いいと思います。

我が家では、お風呂に入ったときや水遊びの時などに

ペットボトルやプリンやゼリーの空き容器を使って

遊んでいます。

ペットボトルから容器へ、容器からペットボトルへ移したりと

いろいろしています。

手首を使ったお仕事ではないのですが、

移すお仕事で、スポンジを使ってのお仕事を

今回教えていただきました。

入れ物の水を、スポンジに含ませもう一つの容器で

絞る。ただ、これだけなんですが「絞る」という作業が

できます。子供達は結構喜んでやるそうです。

大人にとっては当たり前のことでも、子供にとっては

初めてのこと。当たり前と思わないように、ね!!


 ブログランキングに参加中です。
 とても励みになります。
 ポチッと応援お願いします。
      
にほ<br />んブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




スポンサーサイト

【2008/09/17 12:40】 | モンテッソーリ
トラックバック(0) |


まーすぃ
大人にとっては簡単なことでも子供にとって、手首を使ってうまく傾けたりする作業って、難しそう。。。

花瓶に水を入れてお花を生けるとか。。。そういうことって自宅でもやってないなあ。。。学ぶことが沢山あるね!!

応援!!
コメントもありがとう♪


びつきい
そうだよね、大人にとっては楽な作業や動作も子供には大変なこと・・・納得です。

うちでもいろいろトライさせてみるわ!


ゆっかりん♪
いつも参考になります♪
モンテの幼稚園いいなぁ~!

応援☆


みもざ
まーすぃさん、びつきいさん、ゆっかりんさんへ

まとめてのお返事すいません。

いつもコメントありがとうございます。
そーなんですよね。大人にとって当たり前のことでも子供にとっては難しいこと、いろいろありますよね。
よーく考えたら出来て当たり前ではないのですよね。
先生の話を聞いて反省するところがいっぱいあります。v-393


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。