2歳になる頃にはひらがなが読めるようになった姫のこと、9歳の息子のこと、七田、モンテッソーリ、手作り教材、幼児英語、ドッツ、フラッシュカードのこと、お出かけした事、簡単お菓子作りなど日々の出来事を書いていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は、幼児教育の話ではないので興味のない方は

スルーしてください。


毎年恒例の人間ドックに行って来ました。

最初は、胃透視の予定だったのが先生の強い説得に

負け、胃カメラに変更しました。

しかも、鼻からの・・・

「口よりも楽ですよ。」との言葉を信じてチャレンジしました。

最初は、鼻に麻酔のスプレーをします。

2回に分けてスプレーしました。

液が喉を通って口に入ります。

すごく苦い

だんだん麻酔が効いてくるのがわかります。

しばらくたってから、鼻からカメラを入れました。

左右の鼻の奥を確認し、入りやすいほうから入れます。

「余裕があれば画面を見てもいいですよ。」と言われましたが

とてもじゃあない。そんな余裕はありません。

鼻の中を通るのはそんなにはわかりませんでした。

喉を通る時は唾を飲み込むように言われ、1度飲み込むだけで

軽く通過しました。もちろん違和感はあります。

でも、口から入れるよりずい分楽でした。

バリュウムを飲む時のように発泡剤も飲まなくていいのもいい。

でも、やっぱり苦しかったです

胃カメラにしたおかげで細胞採取もできたのでよかったかも・・・

結果は後日ですが、血液検査などすぐに結果が

出るものに関しては、その日のうちに先生から結果を聞くことが

できました。

残りは後日。

マンモの方は、外来にかかっているので

外来で受診して受けなくてはいけません。

本当は1月が予定だったのですが、2月になりそうです。



検査は辛いものも多くいやですが、早期発見のため

仕方ないと思い受けています。

知り合いが29歳で子宮ガンで亡くなり、義母が健康にかなり

気をつかっていたにも(塩分控えめ、毎日のウォーキング1時間、

毎年の人間ドック)かかわらず、脳血栓で亡くなりました。

だから、脳ドックも2年に1回受けるようにしています。

子供もまだ小さいので、もっともっとそばにいたいから。

これからも、毎年受け続けます。
スポンサーサイト

【2009/01/27 22:38】 | 未分類
トラックバック(0) |

No title
ひよこ
へ~29歳で子宮がんで無くなられた方いるんですね。
なんだか人ごとだと言えないですね。

一人だけの体ならまだしも、小さな子を抱えている身としては、やっぱり自分がしっかりと未然に防げる努力をしないといけないのかもしれませんね。

人間ドックか、私も帰国中にいろいろと病院で検査をしてもらったんですが、ちゃんと人間ドックみたいに検査してもらえば良かったな。やっぱり早期発見が大切ですもんね。

それにしても、鼻から胃カメラは痛そう。やっぱ痛かったですか?

ひよこさんへ
みもざ
コメントありがとうございます。

鼻からの胃カメラ、思ったより痛くなかったですよ。
あくまでも、思ったよりですけど・・・
挿入時は違和感はありました。
喉を通る時は口からの胃カメラと同じ感じです。
ただ、吐き気がなかったのでその分口からよりは楽でした。
中に入ってしまえば同じですよね。
やっぱり、胃カメラは苦しいですね。
出来る事ならやりたくないv-393

でも、来年の人間ドック予約しました。
もちろん、鼻からの胃カメラで・・・

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。