2歳になる頃にはひらがなが読めるようになった姫のこと、9歳の息子のこと、七田、モンテッソーリ、手作り教材、幼児英語、ドッツ、フラッシュカードのこと、お出かけした事、簡単お菓子作りなど日々の出来事を書いていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「涼をもとめて」の続きです。

以前から行ってみたかった温泉

一度、行ったのですがお休みで泣く泣く帰ったことがあったのです。

場所は島根県鹿足郡吉賀町木部谷

お湯が良いと言われている「木部谷温泉」

今回行ったのは「松乃湯」です。

入浴受付が19時まで。私達が行ったのは18時50分頃。

そのためか誰もいません。

「ラッキー」とそれぞれ貸切で入ることが出来ました。

誰もいないので写真も撮れます。

  木部谷温泉
  木部谷温泉4
脱衣所です。すっきりしています。

ドライヤーなどはありません。(洗髪は別料金150円いります)

では、さっそくお風呂へ。

  木部谷温泉1

鉄分の酸化で色が茶褐色です。

  木部谷温泉2
体を洗うところです。緑色は温泉特有のこけ、茶褐色は鉄分の酸化の色、

そして百枚皿のようなものは、カルシュウムが固まったものだと思われます。

ぬるぬるはしていないので、姫がすべって転ぶ心配はいりませんでした。

  木部谷温泉3
秋吉台の秋芳洞にある百枚皿のようです。

源泉は冷泉、炭酸水です。

効能は神経痛、リウマチ、関節痛、筋肉痛、五十肩、うちみ、くじき、

関節のこわばり、運動麻痺、冷え性、慢性消化器病、痔疾、疲労回復、

病後回復期、高血圧症、動脈硬化症、通風、創傷、慢性湿疹及び角化症、

苔癬、虚弱児童、女性性器慢性炎症、月経障害、子宮発育不全症、

卵巣機能不全症、更年期障害 などが書いてありました。

今、坐骨が痛いのですが数十分の入浴ではダメでした。

でも、体の疲れはとれたようです。

脱衣場も休憩所もきれいに掃除がしてあり、古くても気持ちよく

使う事が出来ました。


 ブログランキングに参加中です。
 とても励みになります。
 ポチッと応援お願いします。
      
にほ<br />んブログ村 教育ブログ 幼児教育へ




スポンサーサイト

【2008/07/28 23:07】 | お出かけ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。