2歳になる頃にはひらがなが読めるようになった姫のこと、9歳の息子のこと、七田、モンテッソーリ、手作り教材、幼児英語、ドッツ、フラッシュカードのこと、お出かけした事、簡単お菓子作りなど日々の出来事を書いていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラッシュカードは次々に新しいものを見せるのではなく、

記憶が定着するまでは、同じカードを、同じ順番で見せます

そうすることによって、次に何が出てくるかということまで

覚える事ができる力を育てるそうです。

また、カードに番号をつけて見せることで番号と絵をつなげて記憶する

力を育てることができるそうです。


これを聞くまでは、順番など気にした事がありませんでした。

知っているのと知らないのとでは、同じフラッシュカードを見せるだけでも

育つ力に違いがでるのだと思いました。



 ブログランキングに参加中です。
 とても励みになります。
 ポチッと応援お願いします。
      
にほ<br />んブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



スポンサーサイト

【2008/08/27 22:18】 | 子育てお役立ち情報
トラックバック(0) |


ここ
うちも順番まったく気にしてなかったです。
とゆうか、フラッシュしようにもさわりたがってフラッシュできないんですよね、、、だからいつも言葉を言って1枚1枚持たせてるんです、、
なんだか、相談になってしまいました~~


みもざ
姫も触りたがりましたよ。
でも、七田の先生に絶対に触らせないようにいわれていたので
「これは、ママの大事なものよ。だからダメよ。」といいどんなに泣いても触らせることはしませんでした。
そのかわりに、作るのに失敗したカードを姫にあげていましたよ。
姫はそのカードをフラッシュして遊んでいます。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
うちも順番まったく気にしてなかったです。
とゆうか、フラッシュしようにもさわりたがってフラッシュできないんですよね、、、だからいつも言葉を言って1枚1枚持たせてるんです、、
なんだか、相談になってしまいました~~
2008/08/29(Fri) 10:57 | URL  | ここ #-[ 編集]
姫も触りたがりましたよ。
でも、七田の先生に絶対に触らせないようにいわれていたので
「これは、ママの大事なものよ。だからダメよ。」といいどんなに泣いても触らせることはしませんでした。
そのかわりに、作るのに失敗したカードを姫にあげていましたよ。
姫はそのカードをフラッシュして遊んでいます。

2008/08/30(Sat) 23:00 | URL  | みもざ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。