2歳になる頃にはひらがなが読めるようになった姫のこと、9歳の息子のこと、七田、モンテッソーリ、手作り教材、幼児英語、ドッツ、フラッシュカードのこと、お出かけした事、簡単お菓子作りなど日々の出来事を書いていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お兄ちゃんの学校もインフルエンザが流行りだしているようです。

毎年、インフルエンザをもらってくるお兄ちゃん。

インフルエンザとわかった時点から隔離しているためか

他の家族には感染したことがないのですが・・・

今年は、タミフルも効かないインフルエンザもあるとか・・・

ちょうど昨日TVでインフルエンザの対策方法をやっていました。

手洗い、マスク、うがいは当たり前の予防方法ですよね。

手洗いは、指との間、手の甲など丁寧に洗うことが

大切なようです。

うがいは、すぐに上を向いて「ガラガラ」ではなくて、

まず最初に口の中をよくゆすいでから、上を向いて

「ガラガラ」した方がいいそうです。

そのままうがいをすると口の中の菌を喉の奥に入れてしまうことに

なるそうです。

だからまず、口の中の菌をゆすぐ事によって外に吐き出し

その後にうがいをするといいのですね。

ずい分前ですが、うがいをする時に上を向いて「ガラガラ」する時に

「ガッコ、ガッコ、ガッコ」と言いながらうがいをすると

喉の奥まで洗えるとTVでやっていました。

いいといわれる事は取り入れたいものです。


くしゃみをする時は、手を口に持っていくのではなく

ひじを口にもっていくと感染拡大を防げるそうです。

手は、あちらこちらをさわりますが、肘は手に比べて他に

触れる事は少ないのが理由なようです。

マスクをしているともっと良いですよね。

ちなみに、マスクをしていても手で口を押さえないようにとの

ことでした。マスクでは菌が完全に防げていないからです。


他に、”新予防方法”として「口の中をきれいにすること」が

紹介されていました。

「口の中の細菌が多い人ほどインフルエンザにかかりやすい」

と言われるほどらしいです。

口の中で細菌がもっと多い場所は・・・舌です。

歯ブラシで舌を洗いましょう。

洗い方は、奥から手前に、力を入れずにやさしく

初心者は歯ブラシにガーゼを巻いてやるといいそうですよ。

次に歯垢を取り除くと良いようです。

丁寧な歯磨きを心がけましょう。


あとは、人ごみをさける。

室内の湿度を50~60%に!!


自分で出来る事から取り入れていき、

インフルエンザにかからないよう、頑張りましょう


詳しくはこちらを見てください


ブログランキングに参加中です
 今日もポチッ、ポチッと応援お願いします
      
にほ<br />んブログ村 教育ブログ 幼児教育へ


スポンサーサイト

【2009/02/02 23:30】 | 子育てお役立ち情報
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。