2歳になる頃にはひらがなが読めるようになった姫のこと、9歳の息子のこと、七田、モンテッソーリ、手作り教材、幼児英語、ドッツ、フラッシュカードのこと、お出かけした事、簡単お菓子作りなど日々の出来事を書いていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫は咳こみがひどく、夜もなかなか寝られません。

ひどい時は咳き込みすぎて、もどしてしまいます。

咳止めの薬も飲ませ、背中にはホクナリンテープを

貼っているにもかかわらず咳が止まりません

そこで、咳を止める方法を調べてみました。

ハチミツ大根やカリンなどもあったのですが

手元にありません。

もっと手っ取り早くできる方法をと探してみたら

ありました

それは、ツボ押しの民間療法です。

道具もいらず、指で押さえるだけ。

てんとつ」と言われるツボを押すのです。

てんとつ」は咳止めでいちばん有名なツボ。

喉の炎症は止められませんが、症状を和らげることができる

咳止めのツボなので、喉が真っ赤にはれて痛いようなときに

効果てきめんです。

鎖骨と鎖骨の間のくぼんだところに人差し指か中指を引っかけて、

下に向かって押します。

まっすぐに押すと、息が詰まって苦しくなるので

必ず下向きに力を加えてください。

しゃくたく」と言うツボもあります。

このツボは急な咳こみを抑える特効ツボです。

喉のいがらっぽさをとるツボでもあるので、

カゼの引きはじめにも効果的です。

ひじの内側にできる横ジワの線上にあり、

真ん中よりやや親指よりにあります。

押すと、グイッと指が入る場所です。

痛みが走るくらい強く刺激しましょう。

かみしゃくたく」は「しゃくたく」よりやや上にある咳止めのツボ。

しゃくたくと合わせて刺激してみましょう。

また、ひじのシワ周辺をドライヤーやカイロで温めるのも効果的です。

姫は「てんとつ」を押す事で咳を和らげることができました。

子供が咳込んでいるのを見てるだけでは辛いですよね。

私は背中をさするしか出来ませんでした

背中をさすっても咳は止まらないのに・・・

この方法を知ってから助かっています。

全員に効くとは限りませんが、やってみる価値はあると思います。

スポンサーサイト

【2009/06/26 00:11】 | 子育てお役立ち情報
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/09/17(Thu) 06:56 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/12/12(Sat) 19:09 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。