2歳になる頃にはひらがなが読めるようになった姫のこと、9歳の息子のこと、七田、モンテッソーリ、手作り教材、幼児英語、ドッツ、フラッシュカードのこと、お出かけした事、簡単お菓子作りなど日々の出来事を書いていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は姫もお兄ちゃんも七田がありました。

午前10時からは姫。午後14時30分からはお兄ちゃん。

学校に1時過ぎに迎えに行きそのまま七田に直行。

14時頃に着きます。お兄ちゃんが授業中のときは

姫は家でおばあちゃんとお留守番。

お兄ちゃんのクラスはみんながすごくがんばっているんです。

お兄ちゃんの2年生の11月に七田の「かけざん名人」になりました。

山口県の教室では9人目だと先生がおっしゃってました

「かけざん名人34×34」とは1つの段を45秒以内で言え、

34段までクリアーしたら今度は逆唱10の段まで。

これを合格してはじめて「かけざん名人」になれるのです。

でも、七田でがんばっているのに学校の方ではどちらかというと

出来てない方のようなのです。先生に相談したところ

「右脳と左脳のバランスがとれていないので、左脳の出力を

していきましょう。」と2年生の1月に言われました。

それまでしていたコマジェリーの暗記をやめ、プリント中心で

いくことに。でも、それからお兄ちゃんはだらけてしまいました。

3年生になり、昨日の他のみんなががんばっている姿を見て

少し考えてくれたようです。「お兄ちゃんもがんばろうよ。」と

言うと、珍しく素直に「うん。」

今がチャンスと家に帰って計画を立てました。計画といっても

1日がんばることを決めただけなんですが・・・

 ・暗唱

 ・テキストの計算

 ・小学生プリント(数、国、各1枚ずつ)

 ・時々漢字

 ・七田の宿題(当たり前なんですが、2年生の時は

  やってませんでした

暗唱は最初コマジェリーをしようと言ってたのですが、

今日になって百人一首にしたいと言って来ました。

理由をきくと学校で今百人一首が流行っているからと

ま~本人がやりたい事優先で行く事にしているので

しばらく様子をみたいと思います。








スポンサーサイト

【2008/04/24 22:59】 | 小3のお兄ちゃん
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。