2歳になる頃にはひらがなが読めるようになった姫のこと、9歳の息子のこと、七田、モンテッソーリ、手作り教材、幼児英語、ドッツ、フラッシュカードのこと、お出かけした事、簡単お菓子作りなど日々の出来事を書いていきたいと思います。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日書いた小3のいじめ?のその後は・・・

「死ね」と書いた子が謝りにきたそうです。

でも、わるかったという様子はなくただ先生に言われたから

謝りにきたようです。

向こうの親は知っているのでしょうか?

学校は何故こんな大事な事を親に知らせないのか疑問に思います。

お兄ちゃんが3年生になった時に聞いた話です。

1年生の時にO君が学校にお菓子を持ってきて食べていたそうです。

食べ終わるとお菓子の入れ物をその辺にポンと捨て、

先生に「○○(お兄ちゃんの名前)が食べて捨てました。」と言ったそうです。

お兄ちゃんはその様子をずっと見ていたので「食べていない。」と

言い張ったそうです。O君も「○○(お兄ちゃんの名前)が食べた。」と

言い張ったそうです。困った先生は口の中を確認したら、O君の

口の中から食べかすが・・・O君はとても怒られたそうですが

そのことを学校から何も聞いていませんでした。O君の親も多分知らないでしょう。

そういうことはきちんと知らせてほしいものです。やった子の親にも

やられた子の親にも。特にやった子の親にはきちんとこういうことがあったと

話してほしいと思います。

たとえうちの子がやったとしても、教えてほしい。家できちんと話をして

いけないことなどをちゃんと教えていきたいからです。

このことも学校にきちんと話した方がいいのかな?

今さらですが、O君が何故、そういうことをしたのか知りたい。

 ブログランキングに参加中です。
 ポチッと応援お願いします。
      


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ





スポンサーサイト

【2008/05/08 09:14】 | 小3のお兄ちゃん
トラックバック(0) |


さくこのパパ
はじめまして。さくこのパパと申します。

今の学校に私たちが通っていた頃のような信頼があるとは思えないこの時代、親はいろんなことに敏感になっていますよね。
すべての学校・先生が悪いだなんてもちろん思っていません。 ただ、毎日のように起こる学校問題やイジメなど、子供や親の不安を少しでも取り除くことは学校のつとめでもあると思います。
私の娘も4月から1年生になり子供も親も不安だらけです。
学校は勉強も大切ですが、人としての道徳、やさしさ・思いやりなどしっかり教育して頂きたいと常に思ってしまいます。


みもざ
さくこのパパさんへ

最近の小学生のいじめは陰湿なものが多いように感じます。
まだ、ブログには書いていませんがびっくりする事などいろいろあります。
うちの子は、少々言われようがへこたれることはありませんが、みんながそうだとは限りません。
私も少しでも早い時期から人としての道徳、やさしさ・思いやりなどをしっかり教育していただきたいと思っています。
でも、どこまで親が口出ししてよいのか悩むところです。
今回も、記事に書いたこと先生に言いたいんですが・・・



水玉もよう
先生も問題を大きくしたくないんだろうけど、こういう事を放っておいたら、後から大変な問題が起きると思います。
小さな芽から直していかないと・・という危機感が足りない気がします。
集団生活の中には色んな事があるからこそ勉強になるけれど、親としてこういう事があったりすると心配ですよね。


みもざ
水玉もようさんへ

私もそう思います。先生と話をしてから今日で13日たちました。
まだ、子供達に「死ね」と軽々しく言ってはいけないとの話はないそうです。
小さな芽のうちに・・・という考えはないのでしょう。
お兄ちゃんに「死ね」と書いた子はまた、学校で問題をおこしたようです。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。さくこのパパと申します。

今の学校に私たちが通っていた頃のような信頼があるとは思えないこの時代、親はいろんなことに敏感になっていますよね。
すべての学校・先生が悪いだなんてもちろん思っていません。 ただ、毎日のように起こる学校問題やイジメなど、子供や親の不安を少しでも取り除くことは学校のつとめでもあると思います。
私の娘も4月から1年生になり子供も親も不安だらけです。
学校は勉強も大切ですが、人としての道徳、やさしさ・思いやりなどしっかり教育して頂きたいと常に思ってしまいます。
2008/05/08(Thu) 13:56 | URL  | さくこのパパ #-[ 編集]
さくこのパパさんへ

最近の小学生のいじめは陰湿なものが多いように感じます。
まだ、ブログには書いていませんがびっくりする事などいろいろあります。
うちの子は、少々言われようがへこたれることはありませんが、みんながそうだとは限りません。
私も少しでも早い時期から人としての道徳、やさしさ・思いやりなどをしっかり教育していただきたいと思っています。
でも、どこまで親が口出ししてよいのか悩むところです。
今回も、記事に書いたこと先生に言いたいんですが・・・
2008/05/09(Fri) 15:27 | URL  | みもざ #-[ 編集]
先生も問題を大きくしたくないんだろうけど、こういう事を放っておいたら、後から大変な問題が起きると思います。
小さな芽から直していかないと・・という危機感が足りない気がします。
集団生活の中には色んな事があるからこそ勉強になるけれど、親としてこういう事があったりすると心配ですよね。
2008/05/10(Sat) 15:46 | URL  | 水玉もよう #-[ 編集]
水玉もようさんへ

私もそう思います。先生と話をしてから今日で13日たちました。
まだ、子供達に「死ね」と軽々しく言ってはいけないとの話はないそうです。
小さな芽のうちに・・・という考えはないのでしょう。
お兄ちゃんに「死ね」と書いた子はまた、学校で問題をおこしたようです。
2008/05/10(Sat) 17:12 | URL  | みもざ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。